MENU

事務職への就職

 

事務職への就職を望む人は多いでしょう。
とくに女性は事務職への就職を希望するため、狭き門となっています。
事務職に就職するには、できるだけ資格をとっておくことです。
どんな事務にも対応できるように資格をとっておけば、就職には有利になります。
最低限、とっておきたいのは簿記の資格です。
色々な種類がありますが、どの検定でも3級はとっておくほうが有利だといえるでしょう。
次に秘書検定なども、事務への就職に有利になる資格です。
事務の種類によっては医療事務や社会保険労務士、公認会計士なども役に立つ資格です。
事務への就職は、資格の多さだけで決まるわけではありませんが、あるのとないのとでは雲泥の差があります。
時間を作って資格の勉強をするか、学生であれば在学中にとれる資格はとっておくべきです。
また、時間があれば茶道と華道はやっておいて損になりません。
来客にお茶をだすのも事務職員の仕事のひとつです。
一杯のお茶が人のこころを和ませることがあるので、自己流でもかまわないので本を読んでお茶を出すときの心得はマスターしておきましょう。
さらに、正確な敬語が使えるかどうかも重要になります。
これも独学でいいのですが、最低限の丁寧語だけは身に着けておきましょう。

 

営業職への就職

 

営業職への就職は、人と接するのが好きな人に向いています。
話術の巧みな人や、人と話すのが苦にならない人は、営業職も就職の視野に入れてもいいでしょう。
営業職は、ノルマがあるからと敬遠されがちです。
しかし、実際に就職すると、どれほどやりがいのある仕事かがわかるでしょう。
どんな企業でも営業は必要です。
そのため、企業は常に優秀な営業マンを求めているといえます。
求人は少なくないのですが、応募者はさほどおらず、営業への就職への門は広いといってもいいのです。
ただし、実際に営業への就職は、かなり厳しい条件を要求されます。
職種のイメージとあいまって、営業に就職を希望する人は、それほど多くないといえます。
営業職に求められるのは、清潔感です。
仕事上の付き合いであれば、第一印象が非常に重要になります。
そのためには清潔感のある人が、営業の就職には第一条件となるのです。
次に、コミュニケーションが上手にとれることです。
顧客の突然の依頼変更などに、柔軟に対応できるかどうかがカギになります。
営業の就職面接では、こうした点が重要なポイントとされます。
嫌がらせ的な質問をされるのも、この職種の面接の特徴であるといってもいいでしょう。

 

公務員への就職

 

公務員への就職の早道は、公務員試験を受けておくことです。
この資格があれば、大抵の自治体では就職できるといっていいでしょう。
都道府県庁など地方自治体への就職でも、公務員試験はかなりの効力があります。
公務員への就職は、中途採用がほとんどありません。
あっても一時雇用のみで、期間の延長などもありません。
地方自治体では、多少はあるようですが、それも栄養士や保健師、保育士といった専門職に限られます。
一時雇用には、高齢者の採用も少なくありません。
これは、シニアの就職を支援するという観点からです。
新卒で公務員への就職を希望する場合、筆記、面接などで3段階の試験を受けることになります。
教員も公立校であれば公務員になるため、同じような手順になります。
公務員への就職希望者は多いため、一次試験の筆記で約半数が落とされます。
ところが事前に公務員試験をとっておくと、1次試験は免除といった優遇がなされます。
それだけに、公務員への就職を希望する人は、公務員試験に合格しておくほうがよいでしょう。
それが公務員になる一番の早道であり、その後の出世などにも影響します。
警察官の「キャリア」と呼ばれる人々は、この公務員試験の合格者です。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク